銅鑼・銅鑼置台

銅鑼と銅鑼を置く台です。 ご安置場所・ご本堂の形式により背高・背低の2タイプをご用意しております。 安心の日本製の銅鑼で、8寸〜1.3尺までご用意しております。サイズに合わせてセットでご購入いただけるよう銅鑼置き台もご用意しております。色も3種類ございますので、寺院内の雰囲気・様式に合わせてお選びいただけます。

銅鑼の歴史について

「鑼(ら)」は中国の体鳴楽器(太鼓のように革を張らない打楽器)で鋳造した金属板を薄く鍛造(たんぞう)したものを「鑼(ら)」とし中国では「金鑼(きんら)」と呼ばれました。また造(ちゅうぞう)だけの肉厚の厚いものを「鉦(しょう)」と区分けされました。「鑼」は長く余韻が続き、「鉦」は金属製の高く短い音が特徴です、同じ技法で作る祇園祭の「鉦(かね)」がその代表です。
銅鑼はその音質から中国戦国時代には行軍の合図として使用されました。進軍には太鼓を叩き太く低い音は兵士の勇気を奮わせ、後軍では銅鑼を叩き遠くまで長くことが響く銅鑼は兵士を安全に素早く退却させる合図として大きく役立ったのでしょう。後魏時代に楽器として使用されるようになり軍用から楽器や祭祀用具として使用方法が変化し、京劇には欠かせない楽器です。
日本に入ってきた時期は色々と資料を調べましたがはっきりとした資料がありません。源義経と武蔵坊弁慶の奥州に赴く中でどら焼き話が出てきます(どら焼きの話は別項をご覧ください)。そうなれば800年前には入ってきたことになります。僧兵だった弁慶が持参したくらいですから、この頃は宗教用具として広く使用していたと考えられます。
日本でも中国と同じく軍用から宗教用具、また近世以降は茶席の合図として使用されています。船舶の出港の合図に使われることはご存じですが、小型船舶用法定備品で100m以上の船舶には搭載義務(霧中の安全を守るため)が決まっています。霧の中では大きな音が双方の存在位置が掴めて事故を防ぐ大きな力になっています。船舶用銅鑼はネット購入可能です。

銅鑼の製作方法

ほとんどの銅鑼は金属板を叩いて成形する「鍛造」という技法で製作されます。多くは「青銅(せいどう)」と言う地金を使用しますが、音質・余韻にこだわられる方は「砂張(さはり)」を地金した銅鑼を好まれます。砂張は銅に錫を混ぜた合金で「鳴金(なりがね)」と呼ばれます。金属製打楽器の素材に使用され、お仏壇の「おりん」、「壱越鏧・平調鏧」と言う和音を調べるお仏具に使用されます。「壱越鏧・平調鏧」は聲明(しょうみょう)の音律で12音で構成されます。12律は壱越、断金(たんきん)、平調、勝絶(しょうせつ)、下無(しもむ)、双調(そうじょう)、 鳧鐘(ふしょう)、黄鐘(おうしき)、鸞鏡(らんけい)、盤渉(ばんしき)、神仙(しんせん)、上無(かみむ)と呼ばれます。西洋の音階に当てはめると壱越=D(レ)、平調=E(ミ)に相当しますが少し違いがあるそうです。
銅鑼はバーナーで焼き熱いうちに叩き、冷えたらまた焼いて叩くを繰り返して成形します。青銅は冷えても加工しやすい金属ですが、砂張は冷えると硬くなり鎚打ちなくなり熱くする回数が多くなります。まだ配合によって音質が変わるなど難しい金属です。このため携わる職人が少なく高価なものになっています。現在は完成まで人の手で叩くことは少なくなり、途中の工程は機械式ハンマーを使用することが増えましたが最後は人の手が入ります。最後に「音入れ」をすることで銅鑼に多少の歪みを持たせ、音の強弱・余韻を現してくれます。

どら焼きと銅鑼について

関西では奈良の三笠山の形がどら焼きように丸みのある形に似ているので「三笠」と呼ぶ地方があります。どら焼きと銅鑼の話で奥州に赴く義経弁慶の逸話があります。怪我をした弁慶が手当のお礼に銅鑼で生地を焼きあんこを包んで振る舞ったという話と、もう一つは弁慶が残していった銅鑼でお菓子を焼いたと言う話があるそうです。もし話が本当ならどら焼きは800年ほど前からのお菓子になります。あんこを2枚の生地を挟む現在の形になったのは大正時代からで、これ以前はあんこを1枚の生地で包んだ形と言う話があります。

  • 寺院用品の新製品・新着製品
  • 大口注文・見積書作成
並び替え
16件中 1-16件表示

背高銅鑼置台 栓 1.2~1.3尺(約36~39�B)用 3811-0311

定価 ¥ 70,400 のところ
当店特別価格 ¥ 63,360 税込

背高銅鑼置台 栓 8寸~1.1尺(約24~33�B)用 3811-0301

定価 ¥ 70,400 のところ
当店特別価格 ¥ 63,360 税込

背高銅鑼置台 朱塗 / 黒塗 1.2~1.3尺(約36~39�B)用 3811

定価 ¥ 57,200 のところ
当店特別価格 ¥ 51,480 税込

背高銅鑼置台 朱塗 / 黒塗 8寸~1.1尺(約24~33�B)用 3811

定価 ¥ 57,200 のところ
当店特別価格 ¥ 51,480 税込

銅鑼置台1.2~1.3尺(約36~39�B)用 栓 3801-0311

定価 ¥ 29,700 のところ
当店特別価格 ¥ 26,730 税込

銅鑼置台 8寸~1.1尺(約24~33�B)用 栓 3801-0301

定価 ¥ 29,700 のところ
当店特別価格 ¥ 26,730 税込

銅鑼置台 1.2~1.3尺(約36~39�B)用 黒塗 3801-0211

定価 ¥ 30,800 のところ
当店特別価格 ¥ 27,720 税込

銅鑼置台 8寸~1.1尺(約24~33�B)用 黒塗 3801-0201

定価 ¥ 30,800 のところ
当店特別価格 ¥ 27,720 税込

銅鑼置台 1.2~1.3尺(約36~39�B)用 朱塗 3801-0110

定価 ¥ 30,800 のところ
当店特別価格 ¥ 27,720 税込

銅鑼置台 8寸~1.1尺(約24~33�B)用 朱塗 3801-0100

定価 ¥ 30,800 のところ
当店特別価格 ¥ 27,720 税込

銅鑼 重目(人絹朱紐付) 1.3尺(約39�B) 3710-1300

定価 ¥ 90,420 のところ
当店特別価格 ¥ 81,378 税込

銅鑼 重目(人絹朱紐付) 1.2尺(約36�B) 3710-1200

定価 ¥ 76,780 のところ
当店特別価格 ¥ 69,102 税込

銅鑼 重目(人絹朱紐付) 1.1尺(約33�B) 3710-1100

定価 ¥ 62,920 のところ
当店特別価格 ¥ 56,628 税込

銅鑼 重目(人絹朱紐付) 1尺(約30�B) 3710-1000

定価 ¥ 53,900 のところ
当店特別価格 ¥ 48,510 税込

銅鑼 重目(人絹朱紐付) 9寸(約27�B) 3710-0900

定価 ¥ 46,200 のところ
当店特別価格 ¥ 41,580 税込

銅鑼 重目(人絹朱紐付) 8寸(約24�B) 3710-0800

定価 ¥ 42,460 のところ
当店特別価格 ¥ 38,214 税込
並び替え
16件中 1-16件表示

まずは会員登録 会員登録7大特典!!

  • 1
    入会費・年会費永久0円
  • 2
    会員登録でもれなく全員
    300円分ポイントプレゼント
  • 3
    注文履歴から簡単再注文
  • 4
    お気に入り機能
  • 5
    レビュー投稿ポイントプレゼント
  • 6
    メルマガでお得なクーポン情報をGETただ今準備中でございます。今しばらくお待ちください。
  • 7
    充実アフターサポート
  • 簡単60秒会員登録

まずは会員登録会員登録7大登録

  • 1
    入会費・年会費永久無料
  • 2
    会員登録でもれなく全員に
    300円分ポイントプレゼント
  • 3
    注文履歴から
    簡単再注文
  • 4
    お気に入り機能
  • 5
    レビュー投稿で
    ポイントプレゼント
  • 6
    メルマガでお得な
    クーポン情報をGET

    ただ今準備中でございます。今しばらくお待ちください。
  • 7
    充実の
    アフターサポート

簡単60秒会員登録

  • はじめての方へ
  • 大口注文・見積書作成
  • FAX簡単注文0120-37-8585

寺院営業部からのご挨拶

若林佛具製作所オンラインショップへ、ようこそお越しくださいました。
弊社は天保元年(1830年)京都にて創業以来、仏具一筋に歩み、信用を育んで参りました。
寺院営業部は全国へ出張営業をいたしております。宗派を問わず、仏像や仏具の新調、修復をはじめ内装工事、文化財修理、納骨壇等あらゆる施工経験・事例がございますので、
お気軽にお問い合わせください。
これからもさらに寺院様向きの商品を充実させ、皆様のお役に立てるよう努めて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

会社概要

取り扱いカテゴリー

閉じる
  • 10,000円以上で送料無料
  • 法人様に人気後払い決済
  • 領収書・納品書帳票対応
  • 購入履歴を活用簡単再注文

カテゴリーから探す

基本メニュー