仏飯・盛槽

本願寺派(西本願寺)と真宗大谷派(東本願寺)向きの仏飯(ぶっぱん)と盛糟(もっそう)をご用意しました。

仏飯は鏡餅と同じく樹脂製で、お米一粒ずつ現した仕上になっています。本願寺派用は山型に、真宗大谷派用は俵型にそれぞれ法式に沿った形状になっています。盛糟は木製のように痩せない・錆びにくいステンレス製で製作いたしました。内陣三尊前に適した寸法になっています。

お仏飯の形について

仏飯の形はご宗派によって違います。お仏飯(ぶっぱん)は仏供(ぶく)や仏餉(ぶっしょう)と呼ばれ、ご仏前に供えられるご飯の事です。

古代インドからの風習で仏教の伝来とともに現在に伝わっています。浄土真宗(以後真宗)は仏供(佛供)と呼びますが、仏餉はあまり使われないようです。真宗では先祖供養ではなく、蓮の華(つぼみ)、葉、実に模して、浄土の世界を現しています。真宗各派のお仏飯は次の様になります。

浄土真宗本願寺派
蓮の蕾(つぼみ)のようにこんもりと円錐状に盛ります。
真宗大谷派
蓮の実の様な逆円錐形と円筒形の2種類あります。蓮の実型は重き法要(報恩講)に用い、平常は円筒形に盛ります。この円筒形も上面が少し丸みのある形と平らな形があります。
真宗高田派
蓮の蕾(つぼみ)のようにこんもりと円錐状に盛ります。
真宗佛光寺派
ご本山報恩講では仏飯の大きさで大佛供(だいぶく)と中佛供(ちゅうぶく)の2種類あります。大佛供は上面の角を丸くした円錐形に盛られます。
真宗興正派
蓮実形(れんじつけい)と蓮含形(はすがんけい)の2種類があります。いずれも円筒形ですが蓮実形は上面が平らな形で、蓮華彫した仏飯器に盛られます。蓮含形は先を蓮の含(花や葉が開かないで、つぼみの形でいる状態)のように丸くすぼんだ形に盛ります。蓮華彫のない仏飯器に盛られます。
真宗木辺派
上が細く下が広い円錐形で、上面が平らになっています。富士山のような形です。
真宗出雲路派
上下とも同寸法の円筒形です。上面が平らになっており、両堂とも同じ形です。
真宗誠照寺派
上下とも同寸法の円筒形です。上面が平らになっており、両堂とも同じ形です。
真宗三門徒派
上下とも同寸法の円筒形です。以前は上面が丸みのある仏飯と平らな仏飯がありましたが、現在は平らな形になっています。両堂とも同じ形です。
真宗山元派
上下とも同寸法の円筒形です。上面が平らになっており、両堂とも同じ形です。

高盛り飯と盛糟について

お茶碗にご飯を高く盛ったご飯は陰膳(かげぜん)をイメージして、心良く思わない方もおられると思います。ご飯を高く盛るのは高盛り飯と呼ばれ、かつてはお祝い事や接待に使われました。高盛り飯は「御高盛(おたかもり)」とも呼ばれ、人生で備えられる日が三度あるとされ、一つ目は誕生の産飯(うぶめし)、二つ目は婚礼の夫婦固めに、葬儀の枕飯です。

高盛り飯は春日大社の神饌(しんせん)や平安期の貴族の食事に資料があり、高坏の中央に高盛り飯を置き、その周囲に多くのおかずを配したものでした。数多くのおかずを提供することが昔も今もご馳走に変わりはありません。おかず多いことを「かずもの」と呼ばれ、後に「おかず」に通じる言葉と言われています。

石川県輪島市には、山盛りご飯を食べて先人を偲ぶ「もっそう祭り」があり、直径12㎝高さ20㎝の円筒形に固めた5合のご飯を一人で食します。ちなみにおかずは、大根とニンジンの酢の物、ゴボウのナンバあえ、ワラビのからしあえ、みそ汁と数多く付くそうでここでも「かずもの」の形が見られます。さすがに5合のご飯を食べきるのは難しく、残ったご飯は持ち帰りされるようです。このように高盛り飯や大量のご飯は「ハレの食事」でした。一膳飯が行儀が悪いと言われたのは、食事を提供された主人対する不義理から来ているかも知れません。

高盛り飯を作る道具が「もっそう」です。「もっそう」は物相・盛糟と書きます。物相の相は木型のことです。現在の白米は粘り気があり簡単にお握りができますが、平安期の白米は今のように粘り気がなく、木型に入れ押し固めないと成形出来ませんでした。この道具が物相・盛糟です。物相は茶席の点心や仕出し弁当のひょうたん型・扇型に使われますが、近世の囚人の食事を指します。物相に入れたご飯を「物相飯(もっそうめし)」と言います。囚人が物相飯を食べることになった理由は、禅宗の修行(禅宗では食事も修行です)からきていると言う記事がありました。

盛糟は真宗寺院で使用しますが、食事より浄土世界を現す道具として使用されました。真宗の報恩講では特別大きい仏飯をお供えします。蓮華に見立てた大きな仏飯を供えることが報恩講へのハレの思いに通じる所と思います。

  • お寺の必需品!お線香特集。一部商品10%オフ!ポイント最大20%!一部商品送料無料!
  • 鳴り物特集!対象商品全品20%オフ!ポイント5倍!
並び替え
8件中 1-8件表示

お東用盛槽 3寸(約9cm)用 4823-2200

定価 ¥ 6,380 のところ
当店特別価格 ¥ 5,742 税込

お東用盛槽 2.5寸(約7.5cm)用 4823-2100

定価 ¥ 5,280 のところ
当店特別価格 ¥ 4,752 税込

お西用盛槽 3寸(約9cm)用 4823-1200

定価 ¥ 5,500 のところ
当店特別価格 ¥ 4,950 税込

お西用盛槽 2.5寸(約7.5cm)用 4823-1100

定価 ¥ 5,060 のところ
当店特別価格 ¥ 4,554 税込

PC仏飯(寺院用)お東用 2.8寸~3寸(約8.5~9cm)用 4812-2800

定価 ¥ 4,510 のところ
当店特別価格 ¥ 4,059 税込

PC仏飯(寺院用)お東用 2.3寸~2.5寸(約7~7.5cm)用 4812-2300

定価 ¥ 3,850 のところ
当店特別価格 ¥ 3,465 税込

PC仏飯(寺院用) 2.8寸~3寸(約8.5~9cm)用 4810-2800

定価 ¥ 4,180 のところ
当店特別価格 ¥ 3,762 税込

PC仏飯(寺院用) 2.3寸~2.5寸(約7~7.5cm)用 4810-2300

定価 ¥ 3,740 のところ
当店特別価格 ¥ 3,366 税込
並び替え
8件中 1-8件表示

まずは会員登録 会員登録7大特典!!

  • 1
    入会費・年会費永久0円
  • 2
    会員登録でもれなく全員
    300円分ポイントプレゼント
  • 3
    注文履歴から簡単再注文
  • 4
    お気に入り機能
  • 5
    レビュー投稿ポイントプレゼント
  • 6
    メルマガでお得なクーポン情報をGETただ今準備中でございます。今しばらくお待ちください。
  • 7
    充実アフターサポート
  • 簡単60秒会員登録

まずは会員登録会員登録7大登録

  • 1
    入会費・年会費永久無料
  • 2
    会員登録でもれなく全員に
    300円分ポイントプレゼント
  • 3
    注文履歴から
    簡単再注文
  • 4
    お気に入り機能
  • 5
    レビュー投稿で
    ポイントプレゼント
  • 6
    メルマガでお得な
    クーポン情報をGET

    ただ今準備中でございます。今しばらくお待ちください。
  • 7
    充実の
    アフターサポート

簡単60秒会員登録

  • はじめての方へ
  • 大口注文・見積書作成
  • FAX簡単注文0120-37-8585
  • 毎日使うものだから、良いものを。寺院向け日用品雑貨

寺院営業部からのご挨拶

若林佛具製作所オンラインショップへ、ようこそお越しくださいました。
弊社は天保元年(1830年)京都にて創業以来、仏具一筋に歩み、信用を育んで参りました。
寺院営業部は全国へ出張営業をいたしております。宗派を問わず、仏像や仏具の新調、修復をはじめ内装工事、文化財修理、納骨壇等あらゆる施工経験・事例がございますので、
お気軽にお問い合わせください。
これからもさらに寺院様向きの商品を充実させ、皆様のお役に立てるよう努めて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

会社概要若林佛具製作所公式サイト

  • お寺の必需品!お線香特集。一部商品10%オフ!ポイント最大20%!一部商品送料無料!
  • 鳴り物特集!対象商品全品20%オフ!ポイント5倍!

取り扱いカテゴリー

閉じる
  • お寺の必需品!お線香特集。一部商品10%オフ!ポイント最大20%!一部商品送料無料!
  • 鳴り物特集!対象商品全品20%オフ!ポイント5倍!
  • 毎日使うものだから、良いものを。寺院向け日用品雑貨

カテゴリーから探す

基本メニュー