お念珠

お念珠とは

お念珠は「数珠」(じゅず)とも呼ばれ、主に仏事で人間の煩悩の数(108あると言われています)だけ数珠の球を繰りながらお経を唱える際に使用されています(各宗派により違いがあります)。また、お念珠は魔除けや厄除けのお守りとしてもよく知られています。念珠に腕を通すことで持ち主が浄土世界と繋がり、御仏とのご縁により冥加(みょうが)、つまり仏のご加護が得られると言われています。

そのため、お念珠は大切に扱うことが基本とされています。仏様に手を合わせる際は、できるだけお念珠を手にかけて礼拝するように心がけることが良いとされています。また、お念珠は仏様との繋がりを現すものでもあるので、貸し借りするのも良くないこととされています。

数珠と念珠の違い

「数珠」はお経の数を珠を繰って数えたので数珠とされました。「珠数(ずじゅ)」を使用した時期もありましたが、室町以降は数珠が主に使用されるようになりました。京都市東本願寺の東側には珠数屋町と呼ばれる地域があります。数珠屋さん以外に仏具店や経師屋さんなどお寺に関連したお店が沢山あり今も名前を残しています。またお経の数を数えず、ひたすらお念仏を唱える浄土真宗では念珠と呼ばれています。

お念珠の歴史

そもそもの始まりはインドのバラモン教で使用されていたものが原型だと言われています。現在でもヒンドゥー教では50個の珠を連ねた数珠が使われています。またヒンドゥー教の神の一柱、シヴァ神が持つ数珠はサンスクリット語でアクシャ・マーラーと呼ばれ、アクシャ:貫くもの・心棒、マーラー:紐などで連ねたもの・輪という意味があり、このことからシヴァ神の別名はアクシャ・マーリン=「数珠を持つ者」とも呼ばれています。余談ですが、シヴァ神の数珠の材料となる菩提樹の実はルドラクシャと呼ばれています。これはルドラ(ヒンドゥーの暴風雨の神)とアクシャという言葉が混じったもので、この場合のアクシャは「目」という意味で、つまりルドラの目(または涙)だと言われています。

このインドで生まれた数珠がお釈迦様の教えとともに中国を経て西暦200年頃に日本にもたらされたと言われています。初めの頃は108つの玉を親玉と一緒に通しただけの簡素なものだったと言われていますが、当時は非常に高価で高名な僧侶や公家、貴族の間でしか用いられなかったそうです。その後、江戸時代になると一般にも広く流通し知られるようになったようです。

お念珠の意味

お念珠は一般的によく知られている仏具の一つです。人間の108つの煩悩の回数だけお経を唱える際にその回数を数えるために使われることが多く、そのことから「お念珠」と呼ばれていると言われています。ただ、必ずしも珠の数が108個のものだけを数珠と呼ぶわけではなく、他にも14個、21個、27個、42個、54個、1080個のものなどが知られています。

そんなお念珠も今では仏具としての意味合いだけでなく、お守りやブレスレットとしての用途で広く使用されているため、色々な種類のお念珠がありますが、基本的に各宗派で決められた本式数珠以外は、数や形状には明確な決まりはございません。

お念珠の種類と持ち方

数珠は僧侶が持たれる「装束」、ご宗派の規範にあった「本式」とご宗派を選ばないので広くご使用されている「片手数珠」に分けることが出来ます。片手は珠の大きさや材質で男性用と女性用に分かれています。男性用は珠が大きく、菩提樹や香木の木玉が使われることが多く、女性用は珠が小ぶりで装飾品と同じく天然石が使われることが多いです。

各ご宗派ごとのお念珠(数珠)の持ち方は以下の通りです。

浄土真宗
お念珠を二連にして、房を房を下にくるような状態で、お念珠を親指にかけるようにして手を合わせるのが正式な作法と言われていますが、大谷派の女性の方は房が左手にかかるように親玉を揃えて持つのが良いとされています。
日蓮宗
お念珠を捩じって8の字にしたものを両手の中指にかけ、房を外に垂らした状態で手を合わせるのが正式な作法とされています。また合掌の際には左手にお念珠を二重にしてかけるのが良いとされています。
真言宗
礼拝の際には両方の手の中指にお念珠をかけて、そのまま手を合わせるのが正式な作法とされています。

※各宗派や各派によって正しいとされるお作法がございますので、正しいお作法についてはお近くのご住職にお尋ねください。

  • お念珠 浄土真宗
  • お念珠 日蓮宗
  • お念珠 真言宗
57件中 1-50件表示
1 2
57件中 1-50件表示
1 2

まずは会員登録 会員登録7大特典!!

  • 1
    入会費・年会費永久0円
  • 2
    会員登録でもれなく全員
    300円分ポイントプレゼント
  • 3
    注文履歴から簡単再注文
  • 4
    お気に入り機能
  • 5
    レビュー投稿ポイントプレゼント
  • 6
    メルマガでお得なクーポン情報をGETただ今準備中でございます。今しばらくお待ちください。
  • 7
    充実アフターサポート
  • 簡単60秒会員登録

まずは会員登録会員登録7大登録

  • 1
    入会費・年会費永久無料
  • 2
    会員登録でもれなく全員に
    300円分ポイントプレゼント
  • 3
    注文履歴から
    簡単再注文
  • 4
    お気に入り機能
  • 5
    レビュー投稿で
    ポイントプレゼント
  • 6
    メルマガでお得な
    クーポン情報をGET

    ただ今準備中でございます。今しばらくお待ちください。
  • 7
    充実の
    アフターサポート

簡単60秒会員登録

  • はじめての方へ
  • 大口注文・見積書作成
  • FAX簡単注文0120-37-8585
  • 毎日使うものだから、良いものを。寺院向け日用品雑貨
  • 衛生用品を取り扱っております。コロナ対策にアルコールやマスクはいかがですか?ただ今ネット最安値挑戦中!
  • 夏の風物詩!うちわ・扇子取り扱いを始めました!名入れ、大量発注も承ります!
  • お寺の防虫・駆除用品!白アリ、スズメバチ、蚊、ゴキブリなどにお困りではありませんか?ただ今ネット最安値挑戦中!
  • 信頼の京都ブランド。京念珠

寺院営業部からのご挨拶

若林佛具製作所オンラインショップへ、ようこそお越しくださいました。
弊社は天保元年(1830年)京都にて創業以来、仏具一筋に歩み、信用を育んで参りました。
寺院営業部は全国へ出張営業をいたしております。宗派を問わず、仏像や仏具の新調、修復をはじめ内装工事、文化財修理、納骨壇等あらゆる施工経験・事例がございますので、
お気軽にお問い合わせください。
これからもさらに寺院様向きの商品を充実させ、皆様のお役に立てるよう努めて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

会社概要若林佛具製作所公式サイト

  • お盆大市開催中!お盆の準備はおすみですか?お掃除用具やお線香、衛生用品まで取り揃えております。ただ今ネット最安値挑戦中!

取り扱いカテゴリー

閉じる
  • お盆大市開催中!お盆の準備はおすみですか?お掃除用具やお線香、衛生用品まで取り揃えております。ただ今ネット最安値挑戦中!
  • 夏の風物詩!うちわ・扇子取り扱いを始めました!名入れ、大量発注も承ります!
  • 衛生用品を取り扱っております。コロナ対策にアルコールやマスクはいかがですか?ただ今ネット最安値挑戦中!
  • お寺の防虫・駆除用品!白アリ、スズメバチ、蚊、ゴキブリなどにお困りではありませんか?ただ今ネット最安値挑戦中!
  • 毎日使うものだから、良いものを。寺院向け日用品雑貨
  • 信頼の京都ブランド。京念珠

カテゴリーから探す

基本メニュー