お念珠

お念珠とは

お念珠は「数珠」(じゅず)とも呼ばれ、主に仏事で人間の煩悩の数(108あると言われています)だけ数珠の球を繰りながらお経を唱える際に使用されています(各宗派により違いがあります)。また、お念珠は魔除けや厄除けのお守りとしてもよく知られています。念珠に腕を通すことで持ち主が浄土世界と繋がり、御仏とのご縁により冥加(みょうが)、つまり仏のご加護が得られると言われています。

そのため、お念珠は大切に扱うことが基本とされています。仏様に手を合わせる際は、できるだけお念珠を手にかけて礼拝するように心がけることが良いとされています。また、お念珠は仏様との繋がりを現すものでもあるので、貸し借りするのも良くないこととされています。

数珠と念珠の違い

「数珠」はお経の数を珠を繰って数えたので数珠とされました。「珠数(ずじゅ)」を使用した時期もありましたが、室町以降は数珠が主に使用されるようになりました。京都市東本願寺の東側には珠数屋町と呼ばれる地域があります。数珠屋さん以外に仏具店や経師屋さんなどお寺に関連したお店が沢山あり今も名前を残しています。またお経の数を数えず、ひたすらお念仏を唱える浄土真宗では念珠と呼ばれています。

お念珠の歴史

そもそもの始まりはインドのバラモン教で使用されていたものが原型だと言われています。現在でもヒンドゥー教では50個の珠を連ねた数珠が使われています。またヒンドゥー教の神の一柱、シヴァ神が持つ数珠はサンスクリット語でアクシャ・マーラーと呼ばれ、アクシャ:貫くもの・心棒、マーラー:紐などで連ねたもの・輪という意味があり、このことからシヴァ神の別名はアクシャ・マーリン=「数珠を持つ者」とも呼ばれています。余談ですが、シヴァ神の数珠の材料となる菩提樹の実はルドラクシャと呼ばれています。これはルドラ(ヒンドゥーの暴風雨の神)とアクシャという言葉が混じったもので、この場合のアクシャは「目」という意味で、つまりルドラの目(または涙)だと言われています。

このインドで生まれた数珠がお釈迦様の教えとともに中国を経て西暦200年頃に日本にもたらされたと言われています。初めの頃は108つの玉を親玉と一緒に通しただけの簡素なものだったと言われていますが、当時は非常に高価で高名な僧侶や公家、貴族の間でしか用いられなかったそうです。その後、江戸時代になると一般にも広く流通し知られるようになったようです。

お念珠の意味

お念珠は一般的によく知られている仏具の一つです。人間の108つの煩悩の回数だけお経を唱える際にその回数を数えるために使われることが多く、そのことから「お念珠」と呼ばれていると言われています。ただ、必ずしも珠の数が108個のものだけを数珠と呼ぶわけではなく、他にも14個、21個、27個、42個、54個、1080個のものなどが知られています。

そんなお念珠も今では仏具としての意味合いだけでなく、お守りやブレスレットとしての用途で広く使用されているため、色々な種類のお念珠がありますが、基本的に各宗派で決められた本式数珠以外は、数や形状には明確な決まりはございません。

お念珠の種類と持ち方

数珠は僧侶が持たれる「装束」、ご宗派の規範にあった「本式」とご宗派を選ばないので広くご使用されている「片手数珠」に分けることが出来ます。片手は珠の大きさや材質で男性用と女性用に分かれています。男性用は珠が大きく、菩提樹や香木の木玉が使われることが多く、女性用は珠が小ぶりで装飾品と同じく天然石が使われることが多いです。

各ご宗派ごとのお念珠(数珠)の持ち方は以下の通りです。

浄土真宗
お念珠を二連にして、房を房を下にくるような状態で、お念珠を親指にかけるようにして手を合わせるのが正式な作法と言われていますが、大谷派の女性の方は房が左手にかかるように親玉を揃えて持つのが良いとされています。
日蓮宗
お念珠を捩じって8の字にしたものを両手の中指にかけ、房を外に垂らした状態で手を合わせるのが正式な作法とされています。また合掌の際には左手にお念珠を二重にしてかけるのが良いとされています。
真言宗
礼拝の際には両方の手の中指にお念珠をかけて、そのまま手を合わせるのが正式な作法とされています。

※各宗派や各派によって正しいとされるお作法がございますので、正しいお作法についてはお近くのご住職にお尋ねください。

  • お念珠 浄土真宗
  • お念珠 日蓮宗
  • お念珠 真言宗
57件中 1-50件表示
1 2
57件中 1-50件表示
1 2

お念珠のご購入に関するよくある質問

Q数珠と念珠がありますが違いはありますか?
Aはい、両方とも同じものです。数珠が広く使われていますが、お念仏を唱える浄土真宗では念珠と呼ばれます。呼び方が替わるだけで両方とも同じものです。
Q数珠の数の数え方を教えてください。
A数珠は一連(いちれん)、二連(にれん)と数えます。
Q数珠の購入時期は決まっていますか?
A特に決まっていません。3月春彼岸、8月お盆、9月秋彼岸などのご法事に併せて購入されることが多いですが、必要と思われたときに購入されるのが良いでしょう。まず手を合わすことが大切です。
Q数珠は何連持ってもよろしいですか?
A数珠は何連持っていただいても構いません。暑い夏は透明感のある水晶、気温の低い季節は木玉や色目の濃い珠の数珠など季節によって使い分けも良いと思います。
Q数珠の購入に際して気をつけることを教えてください。
Aもし何らかのご宗派に所属しておられるのでしたら宗派毎に決められた本式数珠の購入をお奨めいたします。特に宗派をお持ちでないのであれば略式数珠を検討ください。略式数珠なら珠の数も少なく、いつも身近に持ち歩けて、急な通夜葬儀にも対応できます。
Qブレスレットはお葬式に使えますか?
A使用は控えてください。ブレスレットは数珠に似ていますが、個人のお守りであって数珠ではありません。通夜葬儀には数珠をご使用してください。
Q故人の数珠を使っても大丈夫ですか?
Aはい、ご使用いただいても問題ありません。大切な方の形見としてご使用ください。そのまま使用することもできますが、珠の汚れを取り紐房をお好みの色に取り換えるなど、適切な修理を施せばさらに永く大切にご使用いただくことも可能です。
Q数珠は人にプレゼントして良いですか?
Aプレゼントされることは良いことです。特に成人式、卒業式、入社式など人生の門出に数珠を贈ることは、贈る側の気持ちがはっきりと伝わる大切なプレゼントです。贈られた人もその気持ちを大切にされると思います。
Q数珠を他人と貸し借りしても大丈夫ですか?
A数珠は持ち主のお守りであり、分身です。そしてお数珠は仏と持ち主を繋ぐ唯一の法具とされています。従って、数珠の貸し借りはお奨めできません。通夜葬儀に参列され数珠を忘れたことに気づいた時は、そのまま参列されたほうが良いでしょう。
Q宗派によって数珠の形は違いますか?
Aはい、違います。数珠には宗派の形に合った「本式数珠」と宗派を問わない「略式数珠」がございます。ご自身のご家庭が何らかの宗派に所属している場合は、宗派に合った正式な数珠をもって参列された方が良いでしょう。略式数珠は珠の数も少ないので携帯性がよく持ち歩け、ご自身のお守りとして常に持たれる方もおられます。また急な通夜葬儀にも対応出来ます。
Q自分の宗派の本式数珠を持って、違う宗派の葬儀に参列しても大丈夫ですか?
A問題はありません。数珠が違っていても、大切なのは故人を弔う気持ちです。しっかりと弔ってあげてください。
Q珠の色に意味がありますか?
A原則としてお好きな色の物を選んで構いません。昨今は珠の素材、色も増え、選択数が増えています。ご自身の誕生石や自分の好きな色の珠を選び、紐や房の色をコーディネートされることで「自分の数珠」として大切に使っていただけると思います。
Q社会人になりましたが数珠は必要ですか?
Aぜひ、お持ちください。社会人に限らずある程度の年齢になると社会とお付き合いが増えてきて通夜葬儀に参列することもあります。きちんとした数珠を持つことは正しい身だしなみの一つと言えるでしょう。高価なものは必要ありませんが、急な葬祭などのために一つはお持ちになられることをお勧めいたします。
Q結婚した相手の実家が違う宗派でした。結婚相手と同じ宗派の数珠を買うべきでしょうか?
A今まではお相手の宗派に合わせ、数珠を新調したほうが良いと言われてきましたが、買い替える必要を感じないのであれば特にその必要はありません。もし、結婚された時に既に大切にされている数珠があれば、結婚の際に仕立て直して紐房などをお好みに変えてみるのもよいかも知れません。大切に使ってください。
Q数珠の修理はされていますか?
Aはい、承っております。数珠の全体が映った写真、珠の不足などをご連絡いただければ専門の担当が対応させていただきます。数珠は長く使っていると紐が伸びて、結びがゆるみ、珠をつなぐ紐が切れてしまいます。珠と珠の間に珠一つ分の隙間が出来たら修理したほうがよいでしょう。
Q数珠のお手入れ方法を教えてください。
Aご使用後は出来る早く、柔らかな布で珠の汚れを拭き取ってください。手指の油分は珠を曇らせてしまいます。保管は桐箱か念珠袋に入れて保管して下さい。木製の数珠を桐箱に保管される時は、念のため防虫剤などを入れておくと安心です。外出の際に鞄や衣服のポットに入れる時は、数珠を念珠袋に収めることで、珠や紐房を傷めたり折り目が付いてしまうことを防ぐことができます。
Q包装できますか?
Aはい、承っております。ギフト包装についてはお問い合わせください。
Q分割でのお支払いはできますか?
Aはい。クレジットカードでのお支払いをご選択いただいた場合に限り、分割でのお支払いを受け付けております。
Q数珠を通販で購入した場合、送料はかかりますか?
A当店では3,980円以上ご注文いただいた場合には送料をいただいておりません。ただし、一部の離島、沖縄は対象外です。

まずは会員登録 会員登録7大特典!!

  • 1
    入会費・年会費永久0円
  • 2
    会員登録でもれなく全員
    300円分ポイントプレゼント
  • 3
    注文履歴から簡単再注文
  • 4
    お気に入り機能
  • 5
    レビュー投稿ポイントプレゼント
  • 6
    メルマガでお得なクーポン情報をGETただ今準備中でございます。今しばらくお待ちください。
  • 7
    充実アフターサポート
  • 簡単60秒会員登録

まずは会員登録会員登録7大登録

  • 1
    入会費・年会費永久無料
  • 2
    会員登録でもれなく全員に
    300円分ポイントプレゼント
  • 3
    注文履歴から
    簡単再注文
  • 4
    お気に入り機能
  • 5
    レビュー投稿で
    ポイントプレゼント
  • 6
    メルマガでお得な
    クーポン情報をGET

    ただ今準備中でございます。今しばらくお待ちください。
  • 7
    充実の
    アフターサポート

簡単60秒会員登録

  • はじめての方へ
  • 大口注文・見積書作成
  • FAX簡単注文0120-37-8585
  • 期間限定!税込3,980円以上お買い上げで送料無料!
  • 毎日使うものだから、良いものを。寺院向け日用品雑貨
  • 衛生用品を取り扱っております。コロナ対策にアルコールやマスクはいかがですか?ただ今ネット最安値挑戦中!
  • お盆、残暑の贈り物に。お線香特集。ただいま特価にてご奉仕中!
  • 大切な方へ、心のこもった贈り物。ご贈答品特集。お歳暮・お中元、慶事、弔事全て対応!
  • 信頼の京都ブランド。京念珠
  • 葬儀、葬祭、セレモニー関連商品

寺院営業部からのご挨拶

若林佛具製作所オンラインショップへ、ようこそお越しくださいました。
弊社は天保元年(1830年)京都にて創業以来、仏具一筋に歩み、信用を育んで参りました。
寺院営業部は全国へ出張営業をいたしております。宗派を問わず、仏像や仏具の新調、修復をはじめ内装工事、文化財修理、納骨壇等あらゆる施工経験・事例がございますので、
お気軽にお問い合わせください。
これからもさらに寺院様向きの商品を充実させ、皆様のお役に立てるよう努めて参りますので、よろしくお願い申し上げます。

会社概要若林佛具製作所公式サイト

  • お彼岸大市開催中!ご好評につきネット最安値に挑戦中!期間限定税込3,980円以上お買い上げで送料無料!

取り扱いカテゴリー

閉じる
  • お彼岸大市開催中!ご好評につきネット最安値に挑戦中!期間限定税込3,980円以上お買い上げで送料無料!
  • お盆、残暑の贈り物に。お線香特集。ただいま特価にてご奉仕中!
  • 衛生用品を取り扱っております。コロナ対策にアルコールやマスクはいかがですか?ただ今ネット最安値挑戦中!
  • 大切な方へ、心のこもった贈り物。ご贈答品特集。お歳暮・お中元、慶事、弔事全て対応!
  • 期間限定!税込3,980円以上お買い上げで送料無料!
  • 毎日使うものだから、良いものを。寺院向け日用品雑貨
  • 信頼の京都ブランド。京念珠
  • 葬儀、葬祭、セレモニー関連商品

カテゴリーから探す

基本メニュー